PHPスクリプト
一覧||カウンタ||掲示板||チャット||データ||ネットツール||小物||DB

信頼と安心のレンタルサーバー@Next Style

・小物

−クーロン実行君−

■ 概要
定期実行処理(cron)をWeb上でやっちゃいます。

■ サンプル
サンプル(10秒おきにcal.phpを実行)

■ ソース
 ソース


−空メール処理−

■ 概要
空メールの処理。
PEARのMail/mimdecodeを使用します。

■ ダウンロード
 ソース


−簡易ページャー−

■ 概要
スライド式のページ送りを表示するためのものです。
スライド式は表示ページ番号が常に真ん中にくるものです。
PEARのPagerを引用しております。

■ サンプル
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 次の10件>>

タイプ2サンプル

■ ダウンロード
 ソース  タイプ2


−ランダムアドちゃん−

■ 概要
ファイルに保存した広告をランダムに表示するためのものです。
テキストファイルに一行に一つずつ広告を並べたものを用意してください

■ サンプル
  見てみる(リロードして)  広告ファイル

■ ソース

<?php
srand((double)microtime()*1000000);
$ad_list1 = file("/home/php/public_html/ad.txt");
$ad_key1 = array_rand($ad_list1, 2);
$ad1 = $ad_list1[$ad_key1[0]];
// 表示
echo $ad1;
?>

−パスワード制限−

■ 概要
ファイルを使ったパスワード制限です。
BASIC認証を使っています
パスワードを掛けたいPHPファイルの先頭にinclude_once("auth.php");を挿入してください
パスワードファイルには、ユーザー:パスの組み合わせ(コロンで区切る)で一行ずつ書いてください

■ サンプル
 隠しページ   パスファイル

■ ソース

<?php
$lines = file("/home/php/public_html/simple/pass.txt");

$err = >>>ERR
<h1>ユーザーの認証が必要です。</h1>
ERR;

if (!isset($_SERVER['PHP_AUTH_USER'])) {
  header('WWW-Authenticate: Basic realm="Private Area Login"');
  header('HTTP/1.0 401 Unauthorized');
  echo $err;
  exit;
} else {
  for ($i=0; $i<count($lines); $i++) {
    list($user, $pass) = explode(":", $lines[$i]);
    if (($user == $_SERVER['PHP_AUTH_USER']) &&
        (rtrim($pass) == $_SERVER['PHP_AUTH_PW'])) {
      $auth = true;
      break;
    } else {
      $auth = false;
    }
  }
}
if ($auth == false) {
  header('WWW-Authenticate: Basic realm="Private Area Login"');
  header('HTTP/1.0 401 Unauthorized');
  echo $err;
  exit;
}
?>

■ ダウンロード
 auth.zip (2004/8/5up!)   サンプルのソース


−カレンダー−

■ 概要
カレンダーです。見たまんま 6/27up
日付けをリンクします、日記とかスケジュールとかに使えるかも
使い方は、HTML内で <? include "cal.php";?>

■ サンプル(その2)  (その1)